ヤタグラス

日本神話において導きの神、又は太陽の化身とされる八咫烏(ヤタガラス)をモチーフに伝統工芸江戸硝子の工法でヤタグラスを製作しました。底の部分には切子で菊の文様を施し、グラスは11角で製作。人々が手を取り合い助け合う絆と和を表現した重厚感溢れるグラスです。グラスの側面には八咫烏をNakakinオリジナルデザインにてサンドブラスト彫刻を施しています。

1件の結果を表示中