粋彩切子

粋彩切子(すいさいきりこ)は、中金色被せガラス又は、中金色ガラスに、
都内切子職人が江戸時代からの伝統の切子を施し、仕上げは全て手磨きで行い、
江戸の粋と彩りを与えたガラス製品です。
Nakakinが作りあげる粋彩切子は、伝統工芸『江戸硝子』に指定されています。

10件の結果を表示中