粋彩ガラス

粋彩ガラス(すいさいがらす)は、中金色被せガラス又は中金色ガラスを、
江戸時代から伝わる技法「宙吹き」「型吹き」などを駆使し、
職人が一機に作りあげるガラス製品です。
Nakakinの職人が丁寧に作りあげる粋彩ガラスは、
伝統工芸「江戸硝子」に指定されています。

6件の結果を表示中